社会とアートのえんむすび1996ー2000

社会とアートのえんむすび

Add: lygibo51 - Date: 2020-11-30 03:52:25 - Views: 7816 - Clicks: 7766

定義なんて堅苦しいことは本に任せておいて、要するにアートプロジェクトは、みんなでわいわいがやがやとつくるもの、これが最大のツボです。美術館やギャラリー、音楽ホール、劇場など、専門の文化施設ではなく、野外や生活空間のなかに表現が出現することが多いのが、アートプロジェクトの第一の特徴です。文化の専用施設ではない場所をお借りするとなると、その場所の所有者がいるわけで、許可をいただいたり、無償で貸してくださいとお願いしたり、いやおうなく多くの「関係者」が登場します。たとえば、公園などをお借りするだけで、行政、町会、利用者など、多くの人々を説得し、その場所のさまざまな意味合いを考えざるをえないのが、アートプロジェクトのマネジメントの常です。場所との対話が、プロジェクトの原点となるのです。 美術作品がまちなかに展示されているだけのシンプルな形態のアートプロジェクトも多いですが、観客としては、スタッフというよりは見るからにまちの人が案内などしてくれると、プロジェクト感がぐっと増します。みんなでつくっているんだなぁ、と感じると旅の情緒が増すのが、アートプロジェクトの楽しみ方のツボでしょうか。まちづくりへの期待から行政が提唱することも増えていて、官民あげてみんなで盛り上げよう、という機運が高いプロジェクトも増えています。 また、せっかくまちなかで表現を展開するなら、その場所の関係者の人たちや、通りすがりの人たちにも参加してもらおう、などと思い立ってしまうことが多いのも、アートプロジェクトの特徴です。従来のアート作品とは、ここが大きな違いです。本来、アートは作品の出来栄え、つまり結果がすべて。さらに、「作品」と認められるには、「作者」が誰なのか明示することが必要だとされますが、アートプロジェクトでは、アーティストが不思議な活動を提案して、まちの人たちや公募参加者がそれを実現するという表現活動も散見されます。「関係性の芸術」なんて呼ばれたりしますが、表現活動がアーティストひとりのものではなく、共創的になることがあるのもアートプロジェクトの特徴です。(具体的には、後半の写真入り事例解説をご参照ください。)いわゆる芸術鑑賞を期待すると、「なんじゃ、こりゃ」となるので、楽しみ方のコツとしては、参加しちゃうことでしょう。私自身はワークショップ参加とか大の苦手なのですが、通りすがりの観客の人. 「「もの」から「コミュニケーション」へ」『社会とアートのえんむすび』ドキュメントプロジェクト実行委員会、年、116-127頁。 「osとしての作家 作品制作より、場づくり、関係づくりを目指す。」『aera』朝日新聞出版、1999年8月16-23日号、81頁。. 社会人にとって、仕事の経歴は自分自身の経歴ともいえるものです。 転職のときにはほぼ必ず転職希望先に見せることを前提として考えておくべきものだといえます。. 専門は文化政策、芸術社会論、NPO。著書に、『社会とアートのえんむすび―つなぎ手たちの実践』(共著、ドキュメントプロジェクト実行委員会)、『新訂アーツ・マネジメント』(共著、水曜社)他。 立木祥一郎│teco LLC 代表、NPO法人harappa理事. 現職は資生堂ギャラリーディレクター。共著に『社会とアートのえんむすびつなぎ手たちの実践』(ドキュメント ブロジェクト実行委員会編・トランスアート社刊)。美術評論家連盟会員。. 4 図書 社会とアートのえんむすび: つなぎ手たちの実践 ドキュメントプロジェクト実行委員会 10 図書 ドイツ文化史への招待 : 芸術と社会のあいだ. 『社会とアートのえんむすび 1996‐』, 「脱美術館化するアートプロジェクト」, 村田真, ドキュメントプロジェクト実行委員会、トランスアート, 『アートレス マイノリティとしての現代美術』,, 川俣正, フィルムアート社, ; 参考資料. 『社会とアートのえんむすび─つなぎ手たちの実践─』 年11月18日 出版・リファレンス / ドキュメントプロジェクト.

58を発刊しました; 社会とつながる学生通信vol. ほかにも悩みは山ほどありますが、最後に重要な課題を指摘しておきたいと思います。第一に人材不足ですが、これは文化活動全般に共通の劣悪な労働環境に起因します。これまで述べたように、理不尽とも感じられる業務のなかで、スタッフにはただならぬ情熱が求められます。「魂かけて、社会保障なし」という職場なのです。もちろん、社会保障完備で魂はかけない、ではアートプロジェクトどころか文化活動が成り立つのかどうかおぼつかない気もしますが、さまざまな局面で関係者たちの板ばさみとなるアートプロジェクトのスタッフには、現状よりもっと報われる労働条件が与えられるべきではないでしょうか? そうでないと、良い人材が集まる業界には育たないと思います。 また、それより大きな課題は、はたしてアートプロジェクトで地域が潤うのかどうか、地域社会側の受け止める力量です。「潤う」という意味を経済波及効果のみに求めるのはあまりに残念ですが、新たな縁の創出や地域の価値観の刷新など、確かに全国各地でさまざまな成果が報告されています。しかし、地域社会にとって、アートは必ずしも「金のなる木」でもなければ、「わかりやすい娯楽」でもありません。芸術家の妄想力を受け止めて紐解きつつ、即効性を求めずに、気長に縁や価値を創出してゆく作業は、関わる地域の人びとにとって大きな負荷であることも事実です。そうした作業を、地域社会に寄り添いつつも、揺さぶりをかけて続けてゆくためには、やはり魂をかけて臨む人間の存在が不可欠です。全国でプロジェクトが急増するなか、そうしたスタッフは、奪い合いともいえる状況です。「芸術と共創する社会」を実現したいという人材は、読者の皆さまを含めて決して少なくないと思いますが、彼らが安心して人生を掛けて臨めるような環境整備が急務だと思います。. 著書に「社会とアートのえんむすび―つなぎ手たちの実践」、「アートプロジェクト―芸術と共創する社会」など。 羽原康恵 Habara Yasue 【担当:全カリキュラム】 TAP塾第2期塾長/TAP事務局長/アートコーディネーター. 3)ドキュメントプロジェクト実行委員会『社会とアートのえんむすびつなぎ手たちの実践」トランスアート 4)豊原正智・谷悟「アートプロジェクトという名の回路-相互触発を生じさせるための構想と実践-」芸術. 社会とアートのえんむすび1996− つなぎ手たちの実践(芸術・美術)の作品一覧ページです。最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。.

芸術は社会を変えるか?: 文化生産の社会学からの接近: 吉澤 弥生 : : 青弓社 : 差異の世界―脱構築・ディスクール・女性: バーバラ・ジョンソン 社会とアートのえんむすび1996ー2000 : 1990: 紀伊國屋書店 : 社会とアートのえんむすび―つなぎ手たちの実践:. 『社会とアートのえんむすび─つなぎ手たちの実践』(トランスアート)ドキュメントプロジェクト実行委員会編 『環境経営戦略事典』(産業調査研究会事典出版センター)「環境経営戦略事典」編集委員会編. See full list on nettam.

早稲田大学大学院修了(都市計画)後、社会工学研究所等を経て 1989 年からニッセイ基礎研究所に所属。各地の文化施設開発のコンサルタントとして活躍するほか、文化政策、アートnpo 、クリエイティブシティ等の調査 研究に取り組む。. 出演/村田真(美術ジャーナリスト)、中村政人(アーティスト)聞き手/中ザワヒデキ(美術家) シリーズ・検証、中村政人の視線 その1 1989年-94年当時の日本のアートシーンを知る関係者を迎え考察. メセナの動向に見る, 企業と地域, アートのかかわり 荻原 康子 都市計画 61(3), 37-41,. ドキュメントプロジェクト実行委員会,. See full list on wpedia.

定価¥2,750(税込) 社会とアートのえんむすび1996‐ つなぎ手たちの実践/芸術・芸能・エンタメ・アート/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. Document project. 社会とアートのえんむすび: つなぎ手たちの実践. アートとそれを取り巻く社会との接点を「アートの現場」とし、90年代後半の日本におけるアートの現場について報告する。ドキュメントの研究活動の最終章。 和書タグ: ソーシャル・アート: 和書カテゴリー: アートと社会: 配架場所: アートと社会. 著書に「社会とアートのえんむすび―つなぎ手たちの実践」、「アートプロジェクト―芸術と共創する社会」など。 そのほか、ダンチ・イノベーターズ!のメンバーがやってきます! 写真:伊藤友二. 著書に「社会とアートのえんむすび――つなぎ手たちの実践」、「アートプロジェクト―芸術と共創する社会」など。 1 「郊外」になった地方都市. 著書『artscape1999> 「アートのみかた」』( BankART1929、年 )、共著『社会とアートのえんむすび―つなぎ手たちの実践』(ドキュメントプロジェクト実行委員会、年)などがある。年より絵画制作を再開。. 著書に、監修『アートプロジェクト─芸術と共創する社会』(水曜社、年)、共編『社会とアートのえんむすび──つなぎ手たちの実践』(ドキュメントプロジェクト実行委員会発行、年)、共著『「地元」の文化力—地域の未来のつくり.

さて、「みんなでわいわいがやがや」というツボは、あくまでアートプロジェクトの楽しい側面です。しかし現場はさまざまな苦悩に満ちています。後半は、そうしたアートプロジェクトの運営現場の実態について、かいま見ていただこうと思います。どこの現場でも似たような現象はあると思いますが、今回取り上げるのは、主に、写真で紹介する「音まち千住の縁」。私が教える千住キャンパスがある地域で、「東京アートポイント計画」[*4]の一環として足立区などと共催しているプロジェクトです。 まず、「みんなでわいわいがやがや」というと楽しげですが、関係者が多く、意見もさまざまとなると、現場の様相はケンケンゴウゴウ、カンカンガクガクの連続です。最初の難関として運営に立ちはだかるのが場所決めで、市民のみなさんの協力を得て企画運営側がピックアップした場所にアーティストが難色を示す、逆に、アーティストがまちを歩き回ってここだ、とインスピレーションを受けた場所に行政がうんと言わない、町会が眉をひそめる、警察や消防の許可を得られない. 現職は資生堂ギャラリーディレクター。共著に『社会とアートのえんむすびつなぎ手たちの実践』(ドキュメントブロジェクト実行委員会編・トランスアート社刊)。美術評論家連盟会員。. 」 に Taito-ku, Tokyo University of the Arts, 土曜日, 09. 国際シンポジウム「社会関与の芸術?—美術・演劇・日本・アメリカ. 57を発刊しました 【えんむすび隊】今昔写真展の写真展示をお手伝い 【えんむすび隊】案内看板を作ろう!Let’s make direction boards! 1990年代後半にアートプロジェクトの定義を試みた橋本敏子は、「簡単に定義をしにくい要素を持っている」と前置きしたうえで、「社会とアートの多様な関係を作りだろうとしていること」「表現活動のさまざまな場面への参加・交流を作り出そうとして. シャカイ ト アート ノ エンムスビ: ツナギテ タチ ノ ジッセン. 監修書に『アートプロジェクト─芸術と共創する社会』、共編書に『社会とアートのえんむすび──つなぎ手たちの実践』(共編)、共著に『「地元」の文化力―地域の未来のつくりかた』など。 主催:東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科.

【えんむすび隊】“田んぼアート”田植え体験. アートプロジェクトという言葉、最近時々見かけるような気がしませんか?メディアなどでは、ちょっとアートっぽい企画を呼ぶときに便利に使われていたりして、あれもこれも「アートプロジェクト」。ウィキペディアで検索しても、全国の数多くの文化事業らしきものがヒットするばかりで、誰も定義を書いてはいません。どうも、誰もが勝手に使っている、現在成長中の言葉のようです。 とはいえ、ネットTAMの読者のみなさんなら、「だからその、ウィキにたくさん出てきた、全国各地で行われている、地域型芸術祭のことじゃないの?」、と突っ込んでくださるかもしれません。はい、私、実はここ数年、地域型芸術祭を中心に、いったい何がアートのプロジェクトなのか、「プロジェクト」という言葉に、各地の活動がどのような想いを反映させようとしているのか、考えてみました。全国でおもしろい活動をしている方々を20数名東京に招いて[*1]、活動の経緯を伺い、それから定義を考えてみました。そして、お招きした皆さんの活動紹介と、そこから抽出した定義をまとめた本が出来ました。『アートプロジェクト─芸術と共創する社会』(水曜社、)という本です。 ぜひ、ご一読を、とお勧めしたいのですが、なにせ分厚い。しかも3200円! 改訂前のウェブ版[*2]だと無料ですが、プリントアウトすると電話帳のようなものになってしまいます。いずれにしても、字が多い!! そこで本稿では、ごくごく手短にアートプロジェクトのツボを述べつつ、この分厚い本の気楽な活用法などをご紹介したいと思います。 また、ネットTAM講座もいよいよ実践編ということですので、後半には、アートプロジェクトの運営現場の悩みの数々について、ご紹介しますので、どうか最後までご一読あれ。. 本文では具体的な話ができなかったので、写真コラムで、「音まち千住の縁」(以下「音まち」)で展開する数々の共創的プロジェクトを紹介しつつ、さらに裏話をすこしばかり。 「音まち」で毎年開催している、アーティストの大巻伸嗣のパフォーマンス作品Memorial Rebirthは、大量のシャボン玉で空間を埋め尽くすものです。商店街や小学校の校庭で実施しましたが、2年目からは千住オリジナルの「しゃボン踊り」を追加。藝大の卒業生が作曲・振り付けしたオリジナルの盆踊りを、地元の日舞をたしなむご婦人たちが踊ります。端正な作品で知られる大巻伸嗣ですが、千住ではまちとの関わりづくりに奮闘中。 Memorial Rebirth 3年目となった昨年は初の夜の開催。小学校の校庭で映像の中にシャボン玉が漂いました。地元商店街やPTA、町会などでも顔役のかたの「夜は幻想的ですごいね!」の一言で、今年度も夜の開催が決定。しかし、夜の開催には予算が足りない!現在、まちの顔役の方々にお知恵をいただきながら、学生と事務局が地元で寄付集めに奔走中です。 これも昨年度のMemorial Rebirth。千住に移転してきた東京電機大学の先生や学生たちの協力を得て、事前に写真ワークショップを開催。参加者が撮った千住のまちの写真を校庭に投影しました。「せっかく撮った写真が見えないじゃない」とまちの方からお叱りの声も。今年度は11月2日、千住旭公園で開催します。企画運営に参画する市民の方々も増え、まちと共催の色合いを少しずつ高めています。皆さんの声を反映して、今回の夜の開催は作品鑑賞を前面に出す方向に。すごく美しい(はず)なので、ぜひご来場ください。詳細は「音まち千住の縁」のウェブサイトで。 あまちゃんの名曲で一躍メジャーになった大友良英は、凧を揚げて空から音を降らせるという難しいプロジェクトを提唱。公募で集まったチーム・アンサンブルズのメンバーが音の出る凧の開発に取り組んで4年目です。プロジェクト名は「千住フライングオーケストラ」。写真は、年度の凧揚げ本番。地上には大友さんの呼びかけで、楽器をもった人びとが集まりました。大友さんの指揮で、凧を見上げながら演奏。空との共演はなかなか大変ですが、すごく気持ち良いコンサートになります。 「千住フライングオーケストラ」の年3月の舞台は、千住の魚市場。仲. 『社会とアートのえんむすび』トランスアート ・『ザ・ギンブラート・ペーパー』ギンブラート実行委員会 ・村田真「街にくりだすアートたち」、『美術手帖』1994年7月号、美術出版社. では、恥ずかしながら拙書の紹介です。 この本では、第1章から第9章まで、大学、オルタナティブな場、美術館、企業などの活動を紹介し、黒子である若手スタッフの座談会や、日本を代表するアーティストたちによる大型フェスティバルの未来予想、東日本大震災後の被災地での活動、社会包摂的な取り組みなど、多角的な視点からアートプロジェクトを語っています。どの章から読んでもいいので、興味のある章や、知っている人が語っている章、訪れたことのあるプロジェクトの話などから紐解くのがお勧めです。最初から読破しようとすると、多分、くじけます。 話者たちが語ってくださったのは年が中心なので、その後、発展して様変わりしたプロジェクトも多いですが、プロジェクトは消えてなくなるものですし、誰が何を考えてどういうふうに事を進めたのかは、なかなか知ることができません。さまざまな活動の歴史を紐解けば、これからアートプロジェクトを始めてみようかなと思っている人には、ヒントや留意点が満載だと自負しています。 社会とアートのえんむすび1996ー2000 読者の方からは、「自分のふるさとだったら、どのプロジェクトならできそうかな」と考えながら読んだら楽しかったというお声もいただきました。そんな風に活用いただければ嬉しいです。 冒頭の定義は、かなり堅苦しい文言なので、参考程度にふーんと目を通すくらいにして、どうかここでめげずに進んでください。また、最初の第0章の概説は専門家向けなので、研究者や芸術関係者ではないかたは、最後に気が向いたら開いてみるくらいで良いかもしれません。でも、20世紀後半の美術史的位置づけも試みているので、論文を書く学生さんは、ぜひ頑張って概説も読んでみてください。 また、毎年、この本の産みの親である東京アートポイント計画のTokyo Art Research Labという講座で、この本の続編となるレクチャーを開催し、新たな事例の関係者をお招きして、本書の読み解きをおこなっています。次回は年1月から秋葉原のArts Chiyoda 3331で開催予定ですので、皆さまのご参加お待ちしております[*3]。. というと、カッコいいですが、実際の現場担当者の感覚としては、企画の運営を進めているなかで、突然あらぬところから横やりが入る感じです。 たとえば良く揉めるのがチラシのデザイン。台割や掲載内容の文言の案を事前に諮っていたにも関わらず、デザインに落とし込んで形になって見えてきた時点で、「これはないんじゃない」というたぐいのNGが各方面から出てきます。ダサい、企画の軸がぶれているというディレクター。字が小さくて読みにくいという行政。「誰に何を伝えたいの」と蒸し返すプロデューサー(私).

地域のためのアートマネジメント講座(前期)受講生募集; 第8回A&A研究会開催 「monthly art cafe」に関するお知らせ; 看板登場 「ひがしなり あしたの地図よ☆」 「monthly art cafe」 A&A研究会開催 【定価65%off】 中古価格¥950(税込) 【¥1,800おトク!】 社会とアートのえんむすび1996‐ つなぎ手たちの実践/芸術・芸能・エンタメ・アート/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 12月English Follows) 近年、「日本型アートプロジェクト」のように地域や社会に関与する芸術活動は国際的にも注目され、こうした活動を指す言葉が次々と生まれています。. 。企画担当や広報のスタッフは、これまでの作業が徒労に思え、いったい、誰のいうこときけばいいのよ!!! と、投げ出したくなる瞬間です。関わる人が多く、みんなでワイワイは、決められない側面の連続でもあるのです。 もちろんこれは「音まち」特有の現象かもしれません。他所では意思決定機構が明快で、サクサクと事が進んでいるのかな、と、不安になることも多いです。「NPOの持ち味は、機動力と柔軟性」などと教科書には書いてあるかもしれませんが、「音まち」の現実は、関わる人の多さから、にっちもさっちもいかない状況が頻発し、あれよあれよという間に会期が迫ってくるのです。. 『社会とアートのえんむすびつなぎ手たちの実践』(ドキュメントプロジェクト実行委員会、トランスアート刊、年) 『 「日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990年→年」補遺 』(アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化. アートプロジェクトの定義は使用者によって様々であり、個別のプロジェクトごとにその目的や活動内容は異なる。 論者によっては「参加型アートプロジェクト」や「地域型アートプロジェクト」などとその特徴を頭に表記する場合もある。. 「table1 まちとアートのえんむすび」 日程:8/27 会場/開催地:竹瓦温泉2階 元町公民館(大分県別府市) 「淡路島に新たな神話を作りたい」 日程:8/28 会場/開催地:洲本市民工房(兵庫県洲本市) 「aafフォーラムキャラバン船橋 アートあふれるまちづくり」.

社会とアートのえんむすび1996ー2000

email: uhyhydy@gmail.com - phone:(668) 572-6136 x 9512

全国寺社参り -

-> よめとり! - すこやか
-> 荒川じんぺいのパソコン「生きがい」塾 ひとの輪をつくる - 荒川じんぺい

社会とアートのえんむすび1996ー2000 - 小皿のおつまみ


Sitemap 1

ペットビジネス運営実態&事業開発資料集 - 明治大学付属中野八王子中学校